白井市ニュース

白井市の話題や最新情報

いう問題でなぜW=mgh×回数で落下の際の鉛入り袋対て重

一回当たりの仕事総質量x重力加速度x落下距離=mgh。0℃の粒状の鉛1 0×10^3gびっりつめた袋ある 袋床高さ1 0mの位置くり返50回落下させた後、温度測定たら3 0℃なっていた 重力加速度の大きさ9 8m/s^2,鉛の比熱0 13J/(g?K)、鉛入 り袋床でねかえらないのする (1)落下の際、鉛入り袋対て重力た全仕事W〔J〕求めよ いう問題で、なぜW=mgh×(回数)で落下の際の鉛入り袋対て重力た全仕事なるのかわかりません 詳く教えていただけ 演習問題。砂の平均の抵抗力の大きさを[ ]とすると。弾丸が砂から受けた仕事は -[ ]
なので。/ – / =- ∴=にいる物体は。初速度にいた
ポジションから仕事を奪われたは。自由落下や加速度が正方向へ行く場合の
例です。の場合はなめらかな面+重力以外。他の力が働かないので力学的
エネルギー保存則が成立。斜方投射の場合はなぜ。鉛直方向には等加速度直線
運動をするのに。軸方向へは等速直線運動をするのか漠然と分かったような気が
します。

一回当たりの仕事総質量x重力加速度x落下距離=mgh これが N回ならmghxN同じ高さにもう一度持ち上げる仕事 を考えると落下回数-持ち上げ回数=一回 なので全仕事はmgh のはず。ここで 問題は 落下の際=落下する時の仕事のみなので 持ち上げる時の仕事は含まない。落下 のみの全仕事 なのでmghxN となっている。仕事=力 x 距離力=重力加速度による力なので F=mg 仕事=mgx距離h=mgh で これが1回当たりの仕事N回なら N倍です。1回の落下で重力がする仕事力×距離は、重力の大きさがmgで距離がhなので、重力がした仕事=mg×h=mghとなります。したがって、N回の落下で、重力がした仕事はmgh×N=Nmghとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Categories

Tags