白井市ニュース

白井市の話題や最新情報

タンギング 音量小さいのタンギングた時一瞬スカッなってま

楽器の状態に問題がないとすれば、エッジに息が当たる時の角度やアパチュアの幅がピッコロはかなりシビアです。フルート?ピッコロ経験者質問 、音量小さいのタンギングた時一瞬スカッなってまうの悩み 肺活量、無くない フルート歴2年10ヶ月、ピッコロ歴4ヶ月 アドバイスお願います 第25回。今回も引き続き小さい音の練習ということで。タンギングの練習をご紹介しま
しょう。レガート?タンギングとは。以前タンギングの回でも述べたように
ロングトーンを舌で一瞬遮るイメージです。なぜかというと。ある程度大きな
音量で吹いているときは息の量や圧力も自然に出ているので。コントロール
しようと意識し息を引いて出してしまうとスピード感がなくなったり。音色が
暗くなってしまったりそういう場面ならいいですがしてしまいます。タンギングを楽しもう。そして空いた時間に夕ンギングで遊んでみたらどうでしょう。舌をリードに付け
ずに音を切ったりエアータンギングと言います。舌の真ん中でリードを
ペタペタ叩いたりスラップ

音色?音量?音程。中2です仲間からも良く言われるのですが小さい音の音色が悪いと言われます
小さい音を綺麗に吹くコツなどは私の悩みは。音色と曲の練習で「遅い」と言
われることについてですそのときに教えてもらった練習を毎日するようにして
いるのですが。徐々に私のチューバの音色がバリバリ固くなってきたロング
トーンだといい音が出るのですが。タンギングをすると汚い音になってしまい
ます。タンギングについて。サックス。オーボエ。クラなどは口の中にマッピが幾分か入ってしまう為。楽器
なしの状態と楽器を吹く状態では違和感が生じてしまいます。タンギング
というのは。舌がリードに触れ。リードの振動を“一瞬”止める為。音がさえぎられ
区切られます。それは音が出るときに『ットゥー』となったり『ベチッ
トゥー』という。きついタンギングの音が聞こえた後に音が出るというパターン
。ま。逆に『フトゥー』という息音が出て音がでるパターンもありますが。

タンギング。「タンギングすると音程が動いてしまう」というお悩みを聞きます。 原因は様々
ですが?? ◇アンブシュアが動いてしまっている タンギングは舌を使って音を
区切る作業なのですが。「ターター」「そうすると音程も下がってしまい。音
の立ち上がりとその後で音程が変わってしまう現象がおきます。そうはい
かないので。出た音をよく聴いて結び付けていくしかないですね。

楽器の状態に問題がないとすれば、エッジに息が当たる時の角度やアパチュアの幅がピッコロはかなりシビアです。フルートで音がしっかり当たらなければ、ピッコロをしっかり鳴らすことが出来ません。フルートでしっかり当たった状態を体得し、ピッコロに持ち込みましょう、というのが正攻法です。肺活量は、ピッコロの場合はあまり関係ありません。音の最初からしっかり当たれば「スカッ」はなくなると思います。逆に、しっかり当たった状態を維持できれば、吹奏楽の他のすべての楽器をかき消して一本だけ飛びぬけて聞こえるような状態になります。一回経験すると、指揮者には抑えるように言われる可能性が高いですが、とりあえずめちゃめちゃ楽しいです。なぜ音量が小さいかというと、息の量が足りないからと息を効率よく音にしていないからです。効率よく音にするのはここでアドバイスするのは難しいです。同じ息の量でも、アパチュアの作り方で響きのあるいい音が出ます。そうなると音がひとりでに響くので音の大きさが小さくても聞こえます。息の量が足りないのは、たくさんブレスを取るしかないです。レガートでも関係なくブレスを取っています。ばれないように、曲がつながるようにブレスを取ればいいのです。>フルート歴は2年10ヶ月、ピッコロ歴は4ヶ月です。★初心者には無理だと思います。プロ奏者曰く、フルートだからと言って、発音は「T」「F」だけではなく、微妙に「P」を入れる。との事です。発音の「P」有無で吹き分けて呉れました。///学校の吹奏楽部ではなく、本格的なフルート/ピッコロなら、初心者の時からシツコク指導を受ける筈です。管楽器には共通して、「当たっている音」「当たっていない音」が有ります。「当たっていない音」だと特に小音量で一瞬スカッという感じに成ります。///////////師事している先生に指導を受けて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Categories

Tags