白井市ニュース

白井市の話題や最新情報

中個人で相談事業ている人自分の報酬のため能力のない利用者

計画相談なんて、いまだにつけなくてもいい自治体もたくさんありますし、ついててもたくさんケース持っているから一人一人に細かい対応できません、って言われてますので、はじめから何も期待していません。障害者の相談員
就労継続支援b型でサービス管理責任者て働いて
最近て感じるこ
利用者つく相談員の事
現場で利用者見ている、相談員の存在 本当名ばかりで相談員て親身なって利用者のこ考えている到底思えません
中個人で相談事業ている人、自分の報酬のため、能力のない利用者A型行ってみようなど持ちかけたり、家族全員問題のある利用者関て、ただ無駄な会議回開くばかり 先どうするかいうこで集まり、毎日見ている現場の人間の意見通らず、違うんじゃないかな 思う意見なの相談員の考え主導で話進んでいく ただ後進捗な かく仕事遅く、う1年どうかなきゃいけない家庭ままの状況 市役所同じで仕事遅すぎる
確認て折り返ます なかなか折り返てこない こんでいいのでょうか
のための相談員なのか疑問感じて
他いろいろなケースあり
ちろん中、いい連携取ってくれて利用者ステップアップできるよう考えてくれる相談員さん
だいたい、あまり利用者のこわかっていない、利用者いい顔て注意助言全くない、のための相談員いるのか疑問
みんな適当仕事ているんね
ストレス溜まって
批判的なご意見遠慮させて頂きます
お願います PICK。就労継続支援型は。障害や難病のある方が。雇用契約を結んだ上で一定の支援が
ある職場で働くことができる福祉サービスです。この記事では。就労継続支援
型の仕事内容や給料。自分に合った事業所の選び方に加え。型事業所の運営を
違う点は。一般就労に比べて比較的就労時間が短いことと。給料が低いケース
が少なくないことです。仕事を行っている利用者の様子や。利用者をサポート
する職員の人数なども。事業所を決める大事なポイントです。

計画相談なんて、いまだにつけなくてもいい自治体もたくさんありますし、ついててもたくさんケース持っているから一人一人に細かい対応できません、って言われてますので、はじめから何も期待していません。普通は、今、利用している事業所の意見が最重要視されるもんです。まず批判的な意見は遠慮させてもらうというのは、障害者施設の管理者の姿勢として如何なものでようか?自分は一般から病気あってb型就労に通った経験がありました。訳あってあ、らかじめ継続型就労支援所がどういったものかを知っておりました。それでも工賃の低さには驚愕しました。が制度上はそうなるをえない。という事は知っていたので飲み込めました。自分は即、就労A、障害者雇用、一般とステップアップしましたが起点はBでしたよ。Bで得るものは賃金に特化したAより貴重な時間だと思いました。確かに相談員はA型を進めますが、親御さんが就労所と相談員に同じ事を相談しているとお思いですか? 障害があるとはいえ、やはり労働契約をかわし工賃でなく給料を手にする我が子を見たいのは必然でしょう。自分は予備知識があったので、社福や研修をしているヘルパーさんを雇っている施設に行きましたが、一般復帰前に障害者雇用で役所で福祉関係社の事業所を廻りましたが、管理者以外は社福はおろか無資格のスタッフばかりの事業所も多いのも事実です。A、B型問わずににです。中には売り上げを増す為に工賃どころか障害者年金で支援所の商品を半ば強引に買わせている施設もありましたね。施設のない地域では泣く泣く買っている利用者さんもいました。申し訳ないが、そういった事業所があれば相談員しか頼れないのは当然であり、私も施設と相談事業所は別にすりよう助言しました。施設廻りした人間の総意として取り纏め植へ上げました。適切な資格保持者とスタッフには講習を義務つけるように厚労省から強く通達がいっているはずです。そうしてください。障害をもった公的なサービス機関なので単なる、おばさんの就労場所では困ります。ちなみに相談員のほとんどが社会福祉士、パーソナルソーシャルワーカーです。ご本人のことを何も理解していないんでしょうね。担当から外されればお金が少なくなる。だから、延ばして延ばして担当に付いていればお金もらえる。福祉関係はほとんど同じです。真面目に仕事に取り組む人は仕事が片付くからダメ。だから、引き伸ばして良い人を演じてるだけ。あなたはきちんとしていれば問題ないですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Categories

Tags