白井市ニュース

白井市の話題や最新情報

解約のお手続き かんぽ生命解約の際の税金関まてある表確認

契約者=支払=祖父被保険者が祖父以外で被保険者が誰であろうと関係ありません。【かんぽ生命解約の税金】

かんぽ生命解約の際の税金関まて、ある表確認ていたの、

1、被保険者=(A)
2、保険料の負担者=祖父(故人、B) 3、保険金受取人=(A)

場合例なかったの、場合税該当するのでょうか

よろくお願いいたます 解約のお手続き。解約のお手続き お手続きのながれ ステップ。必要書類の準備 見出し矢印
ステップ。郵便局でお手続き 見出し矢印保険証券保険証書; 印鑑; 保険
契約者さまの本人確認書類 <郵便局で必要取引時確認に関するお客さまへの
お願いNo。生命保険契約の満期や解約により保険金を受け取った場合には。保険料の負担者
。保険金受取人が誰であるかにより。所得税。贈与税のいずれかの課税の対象に
なります。 満期保険金等の課税関係の表 保険料の負担者, 保険金受取人, 税金の
種類

契約者=支払=祖父被保険者が祖父以外で被保険者が誰であろうと関係ありません。★祖父の財産です解約金祖父が死亡した時点で祖父の相続人へ相続財産として渡ります。祖父の配偶者と子供※かんぽ生命だけは独自に?特別な被保険者への権利が発生するケース?加入時に説明を受けた人もおります。直接御確認下さい。受取人とは満期の時の指定死亡の時の指定とあります。解約の時は契約者のものです。保険負担者が死亡していれば解約できません。相続です。それから解約です。保険負担者を仮にAに変えて解約しても贈与税が発生します。保険負担者をいつ変えたと税務署が解るようになりました。解約返戻金に対する課税は満期保険金の課税を参考にするんだちゃんと「生命保険契約の満期や『解約』により保険金を受け取った場合」と書いてあるだろ添付の画像は死亡保険金だな全く違うところを見ているということだ次保険料負担者の祖父が故人ということだいつ亡くなったんだ?最近亡くなって遺産分割や相続税に関連して保険を解約するのか?そうなら、死亡時の解約返戻金を相続税の計算に使うその後はこれまでの契約者が誰かによるこれまでの契約者が祖父これは相続財産だ相続人が話し合い誰がこの保険を相続するかを決める相続した人が解約した時にかかるのは所得税だこれまでの契約者が祖父ではないこれを契約者が解約した時にかかるのはやはり所得税だ保険料支払者の祖父が死亡前に解約なら贈与税死亡時に相続税死亡後に解約なら所得税jtaさんの回答は違和感あり支払った祖父が亡くなった時点でこれは相続税の対象になる遺産分割でこれを解約して現金にしてわけるにしろ、誰かが相続して分けるにしろ、死亡時と解約返戻金額は違うだろうこの違う分は所得税なり贈与税の対象だあくまで相続財産かみなし相続財産としての課税の説明であって解約返戻金の課税の説明になってないんだ保険が支払われたのではなく、解約の戻りですね。であれば、契約者に戻ってくるのではないかと思います。契約者が 祖父ならば、 祖父がなくなったので解約する って話で、受け取るのが 祖父の相続人だと相続税の対象 被保険者が A ならば、Aが亡くなる などの事象がないと 保険はおりませんよね?この表は、Aが亡くなったという前提の表なので、Aが受け取る ことはないんです。質問は 保険金を受け取るのではなく保険を解約した際の、解約返戻金 の話なので、この表にあてはまらないかと故人が払って貯めたものを 亡くなったので、解約して 本来 故人に戻ってくるはずのお金を相続人が受け取る ならば、相続 ですから 相続税かと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Categories

Tags